アートを扱う仕事はどんなものがあるのでしょうか?

アートというと漠然としていますが、現実的にアートを扱っている仕事ってどんなものがあるのかご紹介します。ふと立ち止まると、至る所がアートなんです。

今あなたが見ているパソコンもデザイナーがいて作られているし、そのパソコンを販売するためのCMや広告、ホームページでもアートと関連のある何種類もの職業が関わっています。Web関係の急速な発展や、アニメや漫画の海外ブームやコスプレ、地方自治体のゆるキャラなど、アートと関係のある仕事がたくさんあります。

バルーンアーティストや空間アーティストなど、人口の少ないジャンルにアーティストいう仕掛けを作っている人もいます。アートに携わる仕事をしたい人へ、会社を探し始めるきっかけになれば幸いです。

○アートと言えば思い浮かぶ仕事を挙げてみました

イラストレーター、アニメーション、モーションキャプチャー、デザイナーなどの専門職。イラストレーターは不動の人気ですが、人気が高くなった理由の1つにスマートフォンのゲームキャラクラーの受注が増えたことです。カードバトルゲームでは、最低で1000枚くらいのイラストが必要だそうです。

挿絵や広告は元より、テレビの中のイラストも増えましたね。企業に入っても、腕に自信があればフリーでもいいと思いますが、お仕事を繰り返しもらうコツは期日を守ることです。

○専門職に就くならパソコン操作ができることが当たり前

エクセル、ワードのような一般的なものだけではなく、3DCGソフトやイラスレーターなど各職務に必要なものはマスターしておきましょう。フリーソフトがあるものもありますし、使い方は本やインターネットで調べられます。ウィンドウズも発達してきましたが、マッキントッシュもウィンドウズも両方使えるようにしましょう。

Web関連のものを挙げると、(Web)プログラマー、デザイナー、クリエイター、ディレクター、アートディレクター、コンテンツプランナー、プロデューサー、CGクリエイター、CGエンジニア、グラフィックデザイナーなどがあります。

DTP関連も(DTP)ディレクター、デザイナー、オペレーターがあります。DTPとはデスクトップパブリッシングの略で、出版物のパソコンを使った編集をいいます。

○一般の人の目に触れるほど急成長している業界

オリンピックの閉幕式で沸かせた次の開催地東京のプロモーションビデオは世界でも好評でしたね。プロジェクションマッピングも勢いがあります。ボディアートも日本に馴染んできました。一流の仕事でした。それぞれの国で言葉が違っても伝えることができるって感動します。

プロジェクションマッピングは、パソコンで作ったCGなどを建物などに投影するものを言います。東京駅や東京ディズニーランドや、結婚式にまで人気が高まっています。

プロジェクションマッピングを製作している代表的な方々は、「aircord(東京駅のに関わっている)」「NAKED Inc.(VOUGEのファッションショー)」「Daito Manabe(Perfumeなど)」がいます。この限りではありません。

3Dプロジェクションマッピングを事業にしている会社を探してみてください。PMAJ(Projection Mapping Association Of Japan)は日本のプロジェクションマッピング協会です。

○興味がなくても調べてみると面白い仕事に出会えるかも

ここではほんの一部しかご紹介できませんでしたが、自分で調べ始めると多数の職業に目移りします。自分で〇〇アーティストを作るもよし!好きになれるお仕事に巡り会えますように!