個展やグループ展を開催するまでの最低限必要なこと

個展やグループ展を開催することは1つの目標だったりしますよね。初めて企画している方、まずはおめでとうございます!開催するための最低限必要なことをご説明します。

個展やグループ展のメリットは、不特定多数の人に自分や自分の作品を知ってもらうことです。多くの人たちに来てもらうにはよく練られた準備をすることです。

デメリットは、自分だけの、グループならその少数人だけの力で集客しなければならないことです。全ては自分たちの計画次第で変わります。

初めての開催で、絵が売れるほど甘くはないでしょう。何度も出品して(公募なども)、来てくれた人の繋がりを大切にしましょう。ようやく覚えてもらえるようになるまで10年ということもあります。

10年!?と思われるあなた、大切な想いが詰まった開催を1つずつ効率よく成功させるように、しっかり計画しながら進めていきましょう。

○会場を決めて予約をしましょう

どこの会場にするか決めたら、会場に予約をします。希望通りの時期と期間が空いていればいいですが、空いていなければ待つか、他の会場にしないといけません。

時期も期間も場所も集客には1番重要です。季節もこよみも関係しますし、期間が短すぎても長すぎても客足が全く違います。場所も分かり難い場所だったり、ビジネス街なのか住宅地なのかというところでも変わってきます。

また会場によっては、審査があります。審査に受かるか受からないかは、その会場に合うか合わないかなので、もし落ちても今回は縁がなかっただけだと思って、落ち込まずにすぐに次を探しましょう!

無名の会場と有名な会場とでは、集客に差が出ます。見に来てくれる人が多いから絵が売れるということでもありませんが、人が来ないと始まりません。土日は挟み、平日も休みを作らない方がいいです。

○展覧会のテーマを決めましょう

テーマが決まっている展示は、見る側にとって見やすいです。グループ展であれば、一緒に展示する人と相談して決めましょう。会場の雰囲気は印象に残るものになります。

○予算を把握していますか?見積もりは自分で出しましょう

概算ではダメです。会場代を抑えるなら、公民館のような会場でしたら安いです。最近では無料のレンタルスペースもあります。

良い場所である程度のギャラリーを借りるなら、そこそこかかります。だいたい銀座の人気の会場は会場代高いです。集客がのぞめそうな会場のネームバリューを借りるコストと思うと妥当でしょうか。

その他費用としては、搬入搬出のための費用、額縁代(会場が指定している場合があり額縁が結構かかります。その他ギャラリーの規約必読)、吊り下げるワイヤーなどの機材、いるなら絵を飾る台、受付代、記帳用のブックと文房具、入り口の看板用のチラシ、今回の個展を解説するパネルや自己紹介パネルなど。

告知はSNSなど無料で使えるものは使いましょう。チラシやパンフレット、DMも必要なら。もし告知チラシが作れるなら、配る他に、お店によっては置いてもらえるところがあるので交渉します。

告知は最低でも1ヶ月前までにはしましょう。置いてもらえるなら、感謝の気持ちを何かしらで必ず伝えましょう。その他費用が、会場費と同じくらいかかったりするので、トータル金額に驚かないように見積もりします。

同じ展覧会は2つとないので、自分らしくやってみることです。しっかり準備して、第1回目の個展やグループ展を楽しんでください!成功をお祈りしています。