美術モデルという仕事を反対されている、反対している人へ

美術モデルって、どんなことを想像されますか?服を着たままモデルになることもありますが、ヌードになってモデルをすることもあります。おそらくヌードというイメージが強いのではないでしょうか。

人前で裸になることは、普通ではありません。勇気がいりますよね。世間では、破廉恥とか世俗的とか嫌悪する人たちがいます。この人達の意見はまっとうで、とても気持ちが分かります。

ましてや自分の大切な子供が隠れて風俗のような仕事をしていると思った日にゃ怒り心頭する親御さんの気持ちも分かります。当然だと思います。

みなさん、自分の正義からの言葉だったり心配の気持ちだったりするので、否定する気はありません。意地悪で言ってるんじゃないということですよ。美術モデルって何?というところを含めて、少しご説明します。

○エスパー魔美を思い出す人がいるかもしれません。知りませんか?(笑)

その昔のアニメなのですが、瞬間移動とかできる魔美ちゃんという主人公が、自宅で日常的に、お父さんの絵のモデルをしていたんです。これって美術モデルですね!

今思うと、他人の前で裸になるより、お父さんの前で裸になる方が、かなり勇気がいるというか無理とか思ってしまうのは私だけでしょうか(苦笑)仲が良い親子だと、高校生になってもお風呂に一緒に入ると聞きますもんね。。

そもそもの美術モデルは家族が多かったんです。ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、奥様をモデルにすることが多いです。1番愛があって、1番容姿も素敵だと思うんでしょうね。

○美術モデルは、誇りを持てるお仕事です

心配されたり嫌がられるところは、なぜ裸になる必要があるのか?というところだと思います。裸になるお仕事というと、アダルトなお仕事が思い浮かんで、嫌だと思う人は多いでしょう。

1つの例として、展覧会に行った時に、あるヌードの女性の絵が気に入ったことありませんか?気に入ったところは、その筆の繊細さなのか、女性のアンニュイな視線なのか、その時は色々感じたと思います。

1人の美術モデルがいたから完成した作品です。そう思うといやらしいお仕事ではないと思いませんか?美術モデルは、作品の共同制作者であって芸術家なんです。

現代社会では気を付けなければ犯罪に巻き込まれてしまうことがあります。危険が想像できるところに行かないのは賢い選択です。ヌードになるということは、残念ながら性的なことと関係ないとは言い切れません。

実際のところ、描き手はどんな気持ちでヌードを見て描いているのか、チェックする方法はありません。動物ですから何かしら思ってしまうのは自然なことでもあります。

性を美や生などと捉えて、描きたい、作りたいという欲求を生むかもしれないことも事実です。大切なことは、制作者を装って邪なことを考えている人を排除することです。

美術モデルは、風俗ではありません。まず制作者の見極めは事務所が行います。近年ではインターネットで個人でモデル活動をする人もいるようですが、守ってくれる事務所のようなものがいないので、十分に注意が必要です。

○それでも反対されて理解が得られないようなら

他のお仕事を探す方が良いと思います。美術モデルを将来ずっと続けるのでなければ、一時の選択で喧嘩をしてしまうより仲良くしてください。

少しでもお互いの理解の力になれますように、素敵な作品が生まれますように願っています。