実際に画家として活躍できるのでしょうか?

画家を本業にしたい人は不安ですよね。現代でも画家1本で生計を立てている方はもちろんいます。この一握りのレベルになる画家になれる方法は、誰にも分かりません。

時代とその時代の人が絵の価値を決めるのです。もしかしたら、今安泰の画家たちが突然人気がなくなる可能性だってあります。現実的に画家を本業にしようとすると、どんなことが起こり得るのか考えていきましょう。

○収入が不安定で生活できるか心配です

自由に描くスタイルの画家と、商業画家といってお仕事をもらって描く画家がいます。自由に描くスタイルの画家が1番不安です。絵を買ってもらうことが一番の収入ですが、買ってもらうことがコンスタントにあればいいですが、いつ収入になるか分かりません。

上手い絵を描く人はごまんといます。もし自分の作品がヒットする世の中になれば、絵1枚の価値が破格の値がつく可能性があります。

対して、クライアントの要望に合わせて描く商業画家という画家は、自由には描けませんが、安定した収入になります。どうしても画家になりたいなら、商業画家も選択の1つとして覚えておくと良いです。

よほどの財産がない限り、生活費を稼ぐために別の仕事を掛け持ちしていかないとなりません。健康あってこそです。

○副業は何をしている人が多いでしょうか?

絵とは全く別の仕事をしている人をよく見ます。描いている間は引きこもってしまうから体力作りのために引っ越し屋とか、スキーのインストラクターをしている人もいました。

絵に関連するお仕事ができている人は恵まれているか、さらに掛け持ちが必要だったりします。例えば、建築関係やデザイン事務所で働いていたり、イラストレーターをしたり、絵の講師をしたり、美術モデルをしたりです。

絵関連の仕事ができる人は、そこで名を上げて自分のネームバリューを作った上で、あとから画家として絵を発表するという手もあります。プロの画家でも大変なのに、画家志望は無名で誰にも知られていない状態で買い手を探すことになるので、他で名を売ることも戦法の1つです。芸能人が個展をしたら客が入るのと同じ要領です。

○道具を揃えるのもモデル代も負担になります

道具を揃えるのも収入がなければ結構しんどくなります。モデルを依頼するにもお金がかかるので度々頼めません。公募に出品するにもお金がいるので、活動をするためにも生活費は画家以外で稼ぎましょう。

○地道に描いては発表して買い手を探すしかありません

絵には評論家のような出品する毎に批評する人がいます。渾身の1枚が酷評されたら誰だって落ち込みます。スランプになってやめてしまうならそれまでですが、なんのこれしきと続ける事が大切です。

同じギャラリーで何度も個展をしたり、1度でも来てくれたお客様に毎回DMを出したり年賀状や暑中見舞いなど自分の絵をハガキにして出していたら覚えてもらえます。描くことが好きならゆっくりでも継続していってほしいです。

描いてもらいたい!どんな人が美術モデルになれるの?

今の自分を残したい人、作品の主人公になりたい人、プロの人と一緒にお仕事をしたい人はやる気と誠実さがあれば誰でも美術モデルに応募できます。自分が作品になっていくのは、美術モデルならではの楽しみです。

老若男女、体型、国籍不問です。製作者のイメージする姿にマッチすれば、お仕事の依頼が来ます。妊婦さんがお腹が大きくなっている状態を作品として残したいというのが流行りましたが、何人も需要があるわけではないので、記念として残したい人は、写真スタジオでお金を払って撮ってもらうのが1番確実です。

美術モデルになるには、どんなことが必要なのか少しご紹介していきましょう。

○どういう人達が応募しますか?

役者、雑誌等のモデル、ミュージカル俳優、ダンサー、漫画家志望、イラストレーター志望、美大生、美大出身者、学生、外国人、主婦、主夫、フリーターなどです。自由ですね。

ただし、他の美術モデル事務所や芸能事務所、プロダクションに所属している人は、肖像権と著作権で問題になるので、採用できません。既に辞めている人は、辞めてから最低3ヶ月は空いている必要があります。

最後にお仕事したものが出版等される期間を見越しての期間です。その辺りがクリアになっていないと、みんなが困りますので、きちんと精査してから応募しましょう。

○コンテンポラリーダンスをしている人の応募が多いです

バレエ経験者はさることながら、コンテンポラリーダンスをしている人の応募が増加しています。コンテンポラリーダンスはアンダーグラウンド要素の強いダンスです。

アンダーグラウンドとは、元々は当時の社会へ反発する活動のことを指していましたが、そこに文化が融合し発展したものをいいます。有名どころでは、アングラ(アンダーグラウンド)演劇の代表格で唐十郎の紅テントがトレードマークである状況劇場があります。

コンテンポラリーダンスは森山未來さんがやっているなど、近年メジャーなところで目にする機会もあると思います。他のダンスではしない動きをする特徴があります。例えば、雫が落ちる様子を体で表現しながら踊るというような特異なダンスです。

彼らは見たことがない動きをしてくれるので、制作意欲が湧き、さらにダンサー特有の全身の筋肉を見ることができるので、美術界ではかなり人気高なんです。デッサン会やクロッキー会ではひっぱりだこです。

○筋力と持久力が必要です

試しに、「服を着たままでいいので3分間じっと動かないでください。」

辛いですよね。これで服を脱いでいたら、辛くなってきた時のポーズの見栄えは大丈夫ですか?ぎゅうっと硬い体になっていそうです。手を挙げるとまた辛く、自分との闘いになります。

ポーズの最中、辛い顔をするのはNGです。なるべくプルプルしないでほしいです。慣れるまでポーズ次第でプルプルすることでしょう。そんな厳しいことを言っていますが、あまりにも辛そうだと描いている方が気になって描けないということです。

丹田(下っ腹)に力を入れて意識をするとか、頭の中で歌を歌っているとか、モデルによって集中の仕方はそれぞれですが、日頃から体幹と集中力は鍛えましょう。

姿はもちろん、制作者と気が合うことも作品作りには大切なことなので、挨拶や返事は明るく、爽やかにお仕事ができるように心がけましょう。

美術モデル事務所の見分け方を知っておこう

美術モデル事務所は、老舗大手が2件ほどありますが、美術モデル事務所のどんなところを確認すると良いのでしょうか?良心的なところもあれば悪徳のようなところもあるので、選ぶ基準として知っておいて損はないです。

因みに老舗大手は、ネームバリューもあり多数のモデル達が所属しています。メリットは、取引先が主に美大ですので、授業などコンスタントにかつ安心にお仕事ができます。

デメリットは、モデルが多いので、おのずと埋もれがちになることも想像ができます。もし細々とでも、1人の画家さんとお仕事をする機会の確率を上げたいとか、どうせなら変わったお仕事をしてみたいと思うなら、他の事務所を探してみるのも良いでしょう。美術モデル事務所を探すときに、役に立ちそうなポイントを1部ですがご紹介します。

○美術モデル事務所って派遣?紹介所?プロダクション?

美術モデル事務所は、位置付けとしては有料職業紹介所になります。無料職業紹介所とは、求人に職業を紹介することに対して利益が発生しないところで、公共職業安定所(ハローワーク)があります。

有料職業紹介所は人材紹介所とも呼ばれ、求人に職業を紹介することを事業にしています。

○職業紹介事業者は厚生労働大臣からの免許が必要です

ホームページがあればどこかのページに、事務所なら見えるところに、許可番号があると思います。許可番号は、最初の2桁は都道府県番号で、次のカタカナは無料なら「ム」、有料なら「ユ」、次の6桁が事業者固有の番号です。2004年3月1日以降の番号は300001から始まっています。

この免許は、最初は3年、それ以降は5年毎の更新になるので、更新しているかどうかもチェックしてみるといいです。

派遣業は紹介業とは別物になりますが、派遣も免許が必要です。プロダクションは派遣業に入ると言えますが、大手プロダクションの名刺には認可の番号が入っていますが、暗黙の了解なのか、免許を取っていないところもたくさんあります。

免許がないところが多い分、この中から悪徳を見極めろという方が難しく、免許を持っているところは悪徳の可能性が少ないということは言えます。

○宣材写真でお金を請求されるところは注意!

宣材写真とは、事務所が営業をするための、あなたを宣伝する材料となる写真のことです。これがないと営業できませんので、最初に写真撮影をすることになります。

0円で宣材写真を撮るところはたくさんあります。お金はかかりますか?と確認をしましょう。実際、カメラマンを用意したり印刷代なり費用が発生していることは確かなので、初期費用として請求されることもあるようですが、紹介所は690円を超える金額を求人に請求できないという決まりがあります。

また入会金があるところは避けましょう。仕事をしに紹介所に登録しているのに費用がかかるなんてありえません。

○パブリシティーを確認しましょう!

どの事務所も行う作業だと思いますが、パブとも言います。パブリシティーとは、出版物はどのレベル(ポーズ集のような専門書のみとか、雑誌とか)まで可能かとか、顔出しできるかできないかといったプライバシーの範囲の確認です。

○所属しているモデル達と話してみましょう!

その事務所に所属しているモデル達と話すのが何より1番です。モデル同士だからこそ話せる本音もありますので、楽しく働いているかどうかがすぐ分かる方法です。あとは参考までに事務所の過去の実績を見ても良いですね。

*****************************
初回なら無利息でお金が借りれる。借入返済も繰り返しできるのはカードローンだけ!
http://karittara.com/no-interest/
*****************************

美術モデルという仕事を反対されている、反対している人へ

美術モデルって、どんなことを想像されますか?服を着たままモデルになることもありますが、ヌードになってモデルをすることもあります。おそらくヌードというイメージが強いのではないでしょうか。

人前で裸になることは、普通ではありません。勇気がいりますよね。世間では、破廉恥とか世俗的とか嫌悪する人たちがいます。この人達の意見はまっとうで、とても気持ちが分かります。

ましてや自分の大切な子供が隠れて風俗のような仕事をしていると思った日にゃ怒り心頭する親御さんの気持ちも分かります。当然だと思います。

みなさん、自分の正義からの言葉だったり心配の気持ちだったりするので、否定する気はありません。意地悪で言ってるんじゃないということですよ。美術モデルって何?というところを含めて、少しご説明します。

○エスパー魔美を思い出す人がいるかもしれません。知りませんか?(笑)

その昔のアニメなのですが、瞬間移動とかできる魔美ちゃんという主人公が、自宅で日常的に、お父さんの絵のモデルをしていたんです。これって美術モデルですね!

今思うと、他人の前で裸になるより、お父さんの前で裸になる方が、かなり勇気がいるというか無理とか思ってしまうのは私だけでしょうか(苦笑)仲が良い親子だと、高校生になってもお風呂に一緒に入ると聞きますもんね。。

そもそもの美術モデルは家族が多かったんです。ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、奥様をモデルにすることが多いです。1番愛があって、1番容姿も素敵だと思うんでしょうね。

○美術モデルは、誇りを持てるお仕事です

心配されたり嫌がられるところは、なぜ裸になる必要があるのか?というところだと思います。裸になるお仕事というと、アダルトなお仕事が思い浮かんで、嫌だと思う人は多いでしょう。

1つの例として、展覧会に行った時に、あるヌードの女性の絵が気に入ったことありませんか?気に入ったところは、その筆の繊細さなのか、女性のアンニュイな視線なのか、その時は色々感じたと思います。

1人の美術モデルがいたから完成した作品です。そう思うといやらしいお仕事ではないと思いませんか?美術モデルは、作品の共同制作者であって芸術家なんです。

現代社会では気を付けなければ犯罪に巻き込まれてしまうことがあります。危険が想像できるところに行かないのは賢い選択です。ヌードになるということは、残念ながら性的なことと関係ないとは言い切れません。

実際のところ、描き手はどんな気持ちでヌードを見て描いているのか、チェックする方法はありません。動物ですから何かしら思ってしまうのは自然なことでもあります。

性を美や生などと捉えて、描きたい、作りたいという欲求を生むかもしれないことも事実です。大切なことは、制作者を装って邪なことを考えている人を排除することです。

美術モデルは、風俗ではありません。まず制作者の見極めは事務所が行います。近年ではインターネットで個人でモデル活動をする人もいるようですが、守ってくれる事務所のようなものがいないので、十分に注意が必要です。

○それでも反対されて理解が得られないようなら

他のお仕事を探す方が良いと思います。美術モデルを将来ずっと続けるのでなければ、一時の選択で喧嘩をしてしまうより仲良くしてください。

少しでもお互いの理解の力になれますように、素敵な作品が生まれますように願っています。